Top

R I D D I M S A U N T E R

-Riddim Saunter Web-

-Web Shop CASE OF THEM-


-Twitter-
TaichiFurukawa
kcsaunter
hiroshisato
hamariddim
_ANIKICHI_

-Myspace-


MIXX BEAUTY
Every first Tuesday
@ Shibuya Organ Bar
検索
<   2008年 12月 ( 37 )   > この月の画像一覧
新田日記
深夜0時半、ハマが我が家にやって来た・・・新田という男を連れて。
f0115412_0505942.jpg

ハマが室内に入って来た。
続いて新田も入って来た。
僕は言った。
「え、誰でしたっけ?」
新田は答えた。
「新田です」

・・・いやいやいや、そういうことじゃない。

二人は酔っていた。そしてとても楽しそうだった。
ハマ曰く、新田は自分に最も近い男らしい。
「こいつは俺の良いところと悪いところを持ってるんす」
両方持ってたらそりゃ似るわな。

新田は木更津に住んでいる。
新田はバーテンダーをやっている。
新田は酒にやたら詳しい。
新田はシェイカーを振らない。
新田は経営者である。
新田とハマはかなり近い友達である。
新田はリディムサウンターライブを二回観ている。
新田は僕にシャンパンを送ってくれるらしい。
新田はヴーヴクリコを了承してしまった。
僕はたった今ハマに住所を送った。
新田には間違えられたくない男がいる。
新田はとても危ない男である。
今度新田と酒を飲みたい。

滞在時間約15分。二人はハマの家へと帰っていた。
ハマは新田を僕に紹介してくれた。
僕はお土産に焼酎とチョコレートとキャラメルを手渡した。

友達って素晴らしい。

kc
[PR]
by riddimsaunter | 2008-12-05 01:18 | Riddimlog
ここに来ての
ファイブオンネタ。

FIVE ON THE MOVEの映像がWeb上で見られます。

FIVE ON THE MOViE!!!!!

せっかくなんでみんなに見て欲しいです。

突っ込みどころあり。

kc
[PR]
by riddimsaunter | 2008-12-04 23:04 | Riddimlog
Live Schedule updated.
f0115412_1538576.jpg

[PR]
by riddimsaunter | 2008-12-03 15:38 | News
言葉の力
スタジオでのリハを終え、機材車駐車場から家までの道を歩く。真夜中に少し歩いたりする時は良い気分になっていることが多い。その数分間に思うことがあり、日記でも書こうかなとつながる。その後に書く文章には大抵敬語は使わない。今もそう。

そもそも敬語で文章を書く時と、今の様にとりあえず書き連ねる時とがある。頭に浮かぶ文字をそのままカタカタ打ち込むとこうなる。あと、僕と名乗る文と、俺と名乗る文もある。私や自分もある。履歴書を書く時に、「俺が御社を希望するのは、、、」と書く人はいないと思う。そういう話ではなく、例えばこのブログという同じツールの中で変化をすること。正直、書いててもたまに変だなと思うことはある。一つ下の文章と違いがありすぎてへんてこりんな気分になったりする。

でも仕方ないと僕は思っている。この現象は気分による。はたまたその内容。怒っている時は、当然「俺」。楽しいや悲しいもそれぞれのテンションで。それを隠すのはあまり良いこととは思えない。それが出来るのが大人と言われればそれまでだが。まさに、"FACE FACE FACE”の話そのもの。

まぁ、人を傷つけない程度に感情は出していきましょう、ということ。


そんな話は実際どうでもよくて(皆が知っていることだから)、今僕が書きたいことではない。僕が傘をさしながら歩いている時に考えていたのは、昼に読んだ本の一節のこと。妙に印象に残った。これもある意味"FACE -"な話。


「今はもうとても出来ないよ、怖くて。どうしてかというと、人生が楽しいから」
「人生?」
「そう。その時はコドモだった。でも今は、人生が楽しいことがわかったから出来ないよ」


これは恐怖のパラシュート訓練について語る元兵士と、その友達(本の筆者)との会話。元兵士ということは別にしても、保守的思考を持つことが悪いことではないと初めて思わされた文章だった。筆者も書いているが、今までに一度もこういう考えをしたことがなかったので少し驚いた。保守的なことには、どうしても否定的なイメージが強かった。

昔は出来たのに今は出来ないこと(体力的な話を除く)は少なくない。それを残念だと思う気持ちはある。むしろそうならない様に生きているつもりだし、これからもきっとそうする。ザックリとした意味での攻めの姿勢というか。

ただ、それでも「保守的」を感じざるを得ない状況(現実的には多々ある)になったら、
「その時はコドモだった。でも今は、人生が楽しいことがわかったから出来ないよ」
と、思うことにする。もちろん全部が全部じゃないけど。

そう考えると気が少し楽になりません?


なんてな。

kc
[PR]
by riddimsaunter | 2008-12-02 04:16 | Riddimlog
記録する
12月になりました。朝方気持ち良いですね。空気がキッとしてます。というか気付いたら12月。早いす。2008年があと1ヶ月て。おそらく12月もすぐに過ぎる。

カムバックのツアーも、シェフのツアーも飛ばしていきます。関東近郊と九州の方、よろしくです。それぞれの都市で今年最後のライブをします。

先日のマジスパディナーショー、長野Jを終え、それまでゆっくり見れなかった山写真を見直しました。落ち着いた気持ちでただあきさんとの山を振り返る。メンバーからの指令「誕生日プレゼントのバーナームービーをYou tubeへ」も、このタイミングでアップロード。編集しながらもう一度山に登った気分になる。興味ある方はこちらからどうぞ。

ただあきさん、また行きましょう。すし好ミーティングから始めましょう。

kc
f0115412_2414380.jpg

f0115412_2421343.jpg

f0115412_2432463.jpg

f0115412_2442189.jpg

f0115412_2444652.jpg

f0115412_2462481.jpg

f0115412_2472768.jpg

f0115412_2475792.jpg

f0115412_2484936.jpg

f0115412_2493222.jpg

f0115412_2494693.jpg

f0115412_250770.jpg

[PR]
by riddimsaunter | 2008-12-01 03:08 | Riddimlog
お疲れさま新幹線。
f0115412_1231373.jpg
お疲れさまです。ほんとにお疲れさまでした。

新幹線0系がもたらした功績はでかい。だって子供が絵を描くときに新幹線って言ったら多分0系の顔を描くでしょう。僕は東北に居たため200系を描いていたのですが、元は一緒です。さすがにいきなりN700系を描くのは難しすぎると思うのです。

それぐらいポップでかわいい0系がとうとう引退です。

僕は小学生時代オレンジのTGVとかも興味がありましたが、新幹線が一番だという事を譲りませんでした。だって顔がかわいい!絵に描きやすい。

日本のPOPアイコンが現役を退くのはとても悲しいですが、これからも若い子に語り継いで行こうと思ってます。

けどなんで東京駅で最後じゃないんだ?!東京だろ!最後は!JR東海さんは、偉大なる先輩の引退セレモニーをなぜやってあげなかったのだろう?0系と東京駅は切っても切れない縁があるはず!0系と富士山を最後に会わせてあげたかった。そういう所は大事にしてください。お願いします。いちファンとして悲しいです。

ってかセレモニーあるのかな?どうなんでしょう?情報求む。

ひかりのラストラン追加公演は全部ライヴとリハで行けなさそうなので…。けど全部指定席がソールドアウトしていた。さすが0系。

たいち
[PR]
by riddimsaunter | 2008-12-01 01:24 | Riddimlog
Photo updated.
Riddim Saunterのスライドがどんどん更新されています!

ぜひブックマークをお願いします。

ヤマタツ、オッシーという二人の若手写真家が僕らをフィルムとデータに残してくれています。

モノクロの写真は山川君。

カラーの写真は押方君。

二人とも素晴らしい!

ぜひご覧ください。

Riddim Saunter Photo
[PR]
by riddimsaunter | 2008-12-01 00:37 | News


カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧