Top

R I D D I M S A U N T E R

-Riddim Saunter Web-

-Web Shop CASE OF THEM-


-Twitter-
TaichiFurukawa
kcsaunter
hiroshisato
hamariddim
_ANIKICHI_

-Myspace-


MIXX BEAUTY
Every first Tuesday
@ Shibuya Organ Bar
検索
Days Lead ありがとう!
f0115412_13105035.jpg

赤坂に集まってくれた皆様、ありがとうございました。

あんまり文章苦手なので書く事まとまりません。

ありがとうございました!!

思えばDays Lead、Waltz Of The Twinsから始まり、アコースティックギターをどれだけわくわく聴かせるか、そしてバンドとストリングスとの更なる融合、人間が演奏する事へのこだわり、生楽器へのこだわり、アナログへのこだわり、フィルムへのこだわり、形式にはまらない、心躍るダンスミュージック、などなど、自分的テーマがたくさんあって、それをあのような形で最終的にはライヴという究極の生演奏で見ている方に伝えられて幸せです。

まずメンバーにありがとう。

そしてちゃーべさん。Riddim Saunterはちゃーべさんがいなければ成り立っていないくらい僕の尊敬する先輩です。Sweet & Stillは忘れもしない青山のle baronでちゃーべさんがかけたThe Trash Can Sinatrasの影響が大きいです。常に新しい事を提示してくれる信頼している先輩です。

ストリングスリーダーちばさん。彼とは大学時代からの友人で、Riddim SaunterでBassを弾いていてくれた事もあります。Flapping In The Loveの最初の音源ではちばさんのベースが聴く事が出来ます。そんなちばさんと日々ミーティングして、今回はいままで以上にストリングスをフューチャーしたいという僕のわがままなお願いを聞いてもらっていました。最高のアレンジありがとうございました!

第1ヴァイオリンなっちゃん、笑顔が最高です。なっちゃんは自身でもユニットをやっていて最高の歌声が聴く事が出来ます。

第2ヴァイオリンめかる、本番の3日前に病気になり、入院。そして外出許可を取ってまでの演奏、本当にありがとう!感動しました。

ヴィオラさよいちゃん、ヴィオラの音色は本当に美しいです!それにつきる!パレードの最後は感動しました。

チェロなおちゃん、一番ドラムに近いのかな?いつも頼りにしています。っていうかBLITZ2回目で1回目がカニエウエストなの?!また一緒にお酒呑みたいです。

そしてわざわざ富山から駆けつけてくれた富山大学JAZZ研のみんな、っていうか僕の弟ゆうちゃん率いるゆうちゃんホーンズ、最高でした。ナナミちゃん、ニシノ、本当にありがとう!また一緒にやりたいね!

Days Leadの写真関係をすべて撮ってくれた山川 哲矢、通称ヤマテツ、素晴らしい写真たちでした。そしてDays Leadのツアーの写真はすべてフィルムです。デジカメではありません。今回このこだわりにつきあってもらえたのも彼だからだと思っております。

DJのりょうくん、東京の友達で一番古いかもなぁ。一緒に毎日クラブ行って、呑みに行って、今も変わりません。SLACK、本当に良いブランドです。

ツアースタッフの皆様、素晴らしい音、照明をありがとうございました。魔法のアクリル板の思い出ですね笑。シャンデリアも最高でした。赤い幕も最高でした。

アフターパーティに出てくれたDJの皆様、尊敬してます。

まずSKC。福岡のスクラブブラッシュってイベントのオーガナイザー。サンテリアの下でがんばる若手イベントNo1だと思っています。あとグラフィックが素晴らしい。

m.y.k.さんは僕らが1stアルバムの時から一緒に遊んでくれたりDJをしたりしています!

Mayuちゃんは一緒に80Kidz時代にイギリスツアーに行ったり、普通に遊んだり、ファミリーです。

ガリアーノは僕とりょうくんが恵比寿のMILKでCredってイベントをやっていた時からの友達。そして今も毎週遊んでます。CANNABISにはとてもお世話になってます!

KAZUOさんは僕らRiddim Saunterを初めて福岡に呼んでくれた人。イベントサンテリアのオーガナイザー。KAZUOさんがいなけりゃこんなに福岡の人と仲良くならなかった!

中村さんはMUSICANOSSAってイベントをやっていて、僕らの初めての音源Flapping In The Loveを発売前に西麻布のYellowってクラブでヘビープレイしてくれていた。あの時はびっくりした!

という素晴らしいDJの皆様、ありがとうございました!


最後に、僕らは東京のIndie Label、Niw! RecordsのRiddim Saunterです。

Niw! Records、タカヒロさん、ありがとうございました。Indieで、Niw!で、このツアー、このショーが出来て嬉しく思います。

これからもRiddim Saunter, Niw! Recordsをよろしくお願いします!

TA-1
[PR]
by riddimsaunter | 2010-02-24 09:09 | Riddimlog
<< IT BOYS! DAYS LEADから貰ったもの >>


カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧